全3039文字
PR

清水建設
ベンチャー投資で企業情報を獲得

 建設業の課題解決と、新たなビジネスチャンスの探索を目的に、国内外でベンチャー投資に力を入れてきた。これまでに、日本のベンチャーキャピタル(VC)であるリアルテックファンドに10億円を、シリコンバレーに拠点を置くDNX Venturesに1000万ドルを投じた。

 投資で直接的に収益を上げることはあまり考えていない。それよりも、VCの幅広いネットワークを通じて様々なベンチャー企業、テクノロジーの情報を得られることにメリットを感じている。VCから、企業のバリュエーション(価値評価)の手法などを学べるのも利点だ。

平田 芳己
平田 芳己
執行役員・次世代リサーチセンター所長
(写真:日経アーキテクチュア)

 ただし、VCを通すと、当社が関心を持つベンチャーに投資できるとは限らない。VCは投資によって収益を上げなければならないし、投資家には様々な業種の企業がいるからだ。

 そこで今後は、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC、投資を本業としない事業会社が自らベンチャーに投資するために設立した組織)を立ち上げるなどして、当社が本当に関わりたいベンチャーに資金を提供できるような形に軸足を移していきたい。(談)