日本の建築を世界レベルに押し上げた戦後のモダニズム建築群。その多くが築50年以上を経て、大規模改修や更新の時期を迎えている。ノスタルジーを呼び起こしやすい戦前の様式建築に比べ、モダニズム建築の保存論議は一般社会の理解が得られにくい。これから切実な問題となるであろう戦後モダニズム建築の再生のヒントを先駆的な事例に探った。

左:免震化の工事が完了した広島平和記念資料館本館。工事前と同様、ピロティ越しに原爆ドームが見える。躯体に構造補強はせず、コンクリート打ち放し面を補修した<br>右:新歌舞伎座(設計:村野藤吾)の外装を低層部に復元したロイヤルクラシック大阪難波。設計は隈研吾氏。老朽化などのため、既存建物は解体せざるを得なかったが、特徴的な外装を精緻に再現した(写真:両ページとも生田 将人)
左:免震化の工事が完了した広島平和記念資料館本館。工事前と同様、ピロティ越しに原爆ドームが見える。躯体に構造補強はせず、コンクリート打ち放し面を補修した
右:新歌舞伎座(設計:村野藤吾)の外装を低層部に復元したロイヤルクラシック大阪難波。設計は隈研吾氏。老朽化などのため、既存建物は解体せざるを得なかったが、特徴的な外装を精緻に再現した(写真:両ページとも生田 将人)
[画像のクリックで拡大表示]