全5929文字
PR

台風15号・19号による風水害、京都アニメーション放火事件、首里城火災─。平成から令和に変わった2019年も、建築の安全を揺るがす事件・災害が立て続けに発生した。施工不備が次々に露呈したレオパレス問題など、建築界が抱える構造的な問題も浮き彫りに。一方で、2020年東京五輪後を見据え、新たな成長の芽を探る企業の取り組みも目立った。日経アーキテクチュアが選んだ「2019年の建築界10大ニュース」で、1年間の主な出来事を振り返る。(日経アーキテクチュア)

台風15号の強風で倒れた千葉県市原市のゴルフ練習場のネットと鉄骨支柱。高さ30~40mの鉄骨支柱が10本ほど住宅街に向かって倒壊した(写真:日経 xTECH)
台風15号の強風で倒れた千葉県市原市のゴルフ練習場のネットと鉄骨支柱。高さ30~40mの鉄骨支柱が10本ほど住宅街に向かって倒壊した(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

1台風15号と19号が東日本直撃 激甚化する自然災害

 2019年秋、台風15号と19号が相次いで上陸し、東日本を中心に猛威を振るった。

 9月8日から9日にかけて首都圏を通過した台風15号は、千葉県を中心に建築物やインフラに甚大な被害をもたらした。強い風の影響で、被災地では多くの建物の屋根や外壁が損傷した。飛来物の衝突などによる2次被害も目立った。破損箇所を覆ったブルーシートで街の景色が一変。全壊、半壊、一部損壊を合わせた住宅被害は7万棟を超えた。

 千葉県では房総半島を中心に多くの電柱がなぎ倒され、最大93万軒超が停電した。倒木などの影響で停電が長期化し、復旧の遅れにつながった。市原市ではゴルフ練習場のネットを支える鉄柱が倒壊し、民家16軒に直撃。鉄柱の撤去が完了したのは11月13日だった。

 台風19号は雨台風だった。10月10日から13日にかけては、関東甲信地方と静岡県の17地点で500mmを超える降水量を観測。神奈川県箱根町では12日夜までの24時間降水量が942.5mmを記録し、全国最多記録を更新した。

 この大雨で、関東・東北地方の7県の計71河川140カ所で堤防が決壊。浸水面積は18年の西日本豪雨を大幅に上回り、2万5000ヘクタールを超えた。住宅被害は全半壊、一部損壊、床上・床下浸水を合わせて9万棟を超す。公共施設の被害も多く、建築・都市の水害に対する脆弱さが浮き彫りになった。

 長野市では千曲川の決壊で、北陸新幹線車両基地が浸水。多摩川流域にある川崎・武蔵小杉では、内水氾濫によってタワーマンションの地下にある電気設備が浸水し、停電と断水で1週間以上機能不全に陥った。

 台風19号による被害を受け、国土交通省と経済産業省は11月27日に「建築物における電気設備の浸水対策のあり方に関する検討会」の初会合を開催。浸水対策に関するガイドラインを作成する方針を示した。

 主要記事