全251文字
PR

 2020年東京五輪でバレーボール会場となる。都内のアリーナでは、1.5万人収容と最大規模を誇る。敷地に余裕がなかったため、建物の下部を絞って凹面状の「反り」のある屋根形状とした。近隣のタワーマンションなどへの光の反射を抑える意図もある。19年12月9日に竣工し、20年2月2日には、完成披露式典が開かれる。五輪後はコンサートの開催なども見込み、スポーツ・文化の拠点を目指す。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中