全387文字
PR

 東京五輪・パラリンピック開催時の選手団の交流拠点として晴海に建設が進む木造施設「選手村ビレッジプラザ」が報道陣に公開された。カフェや郵便局、美容室、メディアセンターなどの機能が入る。全国の63自治体から合計約4万本の木材の“貸し出し”を受け、5棟13区画に割り当てた。4月の竣工を目指す。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する