全4275文字
PR

エリアに貢献する、公共性のあるコンセプトを備えたプロジェクトに注目した。単独の魅力を競う以上に、緑地や水辺、交通インフラなど都市資産と連動したものが多い。

■ホテル・観光施設・スタジアムなど

20年 羽田エアポートガーデン
日本最大の「空港ホテル」やMICE

 羽田空港国際線ターミナルに隣接する敷地(空港跡地)に整備する。1717室を擁する日本最大のエアポートホテルの他、MICE(会議・展示)に対応するイベントホールや会議室、約2000m2の展望天然温泉、地方都市・観光地との間を結ぶバスターミナル、空港利用者をターゲットとする商業施設を備える。

➊ 東京都大田区羽田空港2丁目 ➋ 羽田エアポート都市開発 ➌ 日建設計 ➍ 西松建設 ➎ 20年4月 ➏ 20年春 ➐ S造 ➑ 地上12階 ➒ 9万1738m2
プロジェクトデータの見方はこちら>>

20年 水道橋ホテル開発プロジェクト
国内外のグループ客で楽しめる

 首都高速道路、神田川、鉄道線路が眼前で交差するユニークな敷地に、国内外のグループ客が楽しめる84室から成るホテルを建設する。外観は、開口部やプレストレストコンクリートパネルの外壁が水平方向に連続するグラフィカルなデザイン。首都高を一望できる最上階は宿泊者以外でも楽しめるラウンジ空間とし、都市的な状況の表現として大屋根を架けている。

➊ 東京都千代田区飯田橋3丁目 ➋ アトリウム ➌ 入江三宅設計事務所(実施設計)、クライン ダイサム アーキテクツ(デザイン監修) ➍ 北野建設 ➎ 20年7月 ➏ 20年10月 ➐ S造 ➑ 地上9階 ➒ 3087.82m2
プロジェクトデータの見方はこちら>>

21年 東京エディション銀座
最高級グレードのライフスタイル型

 米マリオット・インターナショナルの最高級グレードホテルブランド「エディション」を誘致。銀座2丁目に約80室のホテルを建設し、銀座の新たなシンボルを目指す。周辺にある世界的なハイブランドの店舗の顧客層と親和性が高い「ラグジュアリーライフスタイルホテル」を展開し、新たな文化発信拠点を創造する。

➊ 東京都中央区銀座2-3-13 他 ➋ 森トラスト ➌ 隈研吾建築都市設計事務所・安藤ハザマJV ➍ 安藤ハザマ ➎ ─ ➏ 21年春~夏 ➐ ─ ➑ 地下1階・地上14階 ➒ 約7323m2
プロジェクトデータの見方はこちら>>


■商業施設

20年 新宮下公園等整備事業
大規模屋上公園を持つ「緑の拠点」

 渋谷駅周辺の再開発と連携させて、宮下公園と渋谷駐車場を緑の拠点として再整備する。3階建ての商業施設、約1万m2の屋上公園、18階建ての宿泊施設から成る。渋谷川から原宿、代々木方面に至る緑の連続性を形成するため、PPP(公民連携)事業によって公共施設整備を進める。

➊ 東京都渋谷区神宮前6-20-5 他 ➋ 三井不動産 ➌ 竹中工務店、日建設計(プロジェクト・アーキテクト) ➍ 竹中工務店 ➎ 20年3月 ➏ ─ ➐ S造 8地下2階・地上18階 ➒ 4万6086.35m2
プロジェクトデータの見方はこちら>>

20年 WITH HARAJUKU
駅前と竹下通りつなぐ「道」に

 1959年竣工の原宿アパートメンツを含む原宿駅前にある複数の建物を一体的に建て替える。地下1階から地上2階は商業施設、3階がホールと飲食施設、4階から10階は共同住宅となる。開発のメインコンセプトは、駅前と竹下通りをつなぐ「道の建築」。街全体のにぎわいと回遊性を高め、地域のさらなる活性化の拠点とする。

➊ 東京都渋谷区神宮前1-14-30 ➋ NTT都市開発 ➌ 竹中工務店、伊東豊雄建築設計事務所 ➍ 竹中工務店 ➎ 20年春 ➏ 20年4月 ➐ S造、一部RC造 ➑ 地下3階・地上10階 ➒ 2万6639.8m2
プロジェクトデータの見方はこちら>>

20年 豊洲ベイサイドクロス
公園、水辺へのアクセスを重視

 臨海副都心の玄関口に、海と街を結ぶ交流空間を創出する。オフィス、ホテル、商業施設、エネルギーセンターなどから成る。豊洲駅への直結動線、豊洲公園への歩行者連絡横断橋など回遊性の高い歩行者動線を整備。海側の外観は波や帆をイメージさせる曲面、晴海通り側の外観は整った壁面とし、 景観との調和を図る。

➊ 東京都江東区豊洲2-15-12 ➋ 三井不動産 ➌ ・ ➍ 大成建設 ➎ 20年3月(豊洲ベイサイドクロスタワー)、20年10月(B棟) ➏ 20年4月(タワー) ➐ S造、一部RC造(免震構造) ➑ 地下2階・地上36階(タワー)、地下1階・地上24階(B棟) ➒ 約18万4000m2(タワー)、約7万2500m2(B棟)
プロジェクトデータの見方はこちら>>

20年 北青山3丁目テナントビル
SRCトラスでフロアを最大化

 物販、飲食、事務所が入るテナントビルで、経済的な合理性を重視し、1フロアの面積を極力確保しながら全体の高さを抑えている。フレキシビリティー確保のため、3階のSRCトラスから直径60mmのスチールロッドで2階床を吊り、1階を無柱空間とした。各層異なる構造形式により、フロアごとに特徴のある空間を生み出す。

➊ 東京都港区北青山3-10-3 ➋ M&H development ➌ MARU。architecture ➍ 神興建設 ➎ 20年9月 ➏ ─ ➐ RC造、一部SRC造 ➑ 地上4階 ➒ 1670.65m2
プロジェクトデータの見方はこちら>>

22年 九段南1丁目プロジェクト
帝冠様式の会館を一部復原・保存

 1934年竣工の歴史的建造物「旧九段会館」を、一部復原・保存しながら建て替える。「水辺に咲くレトロモダン」をコンセプトに、オフィスや店舗を中心に設け、高度利用を図る。旧建物の北面・東面外壁、帝冠様式の特徴である瓦屋根を持つ塔屋に関しては外装材を極力保存。また、地下1階レベルで免震レトロフィットを採用する。

➊ 東京都千代田区九段南1-5-1他 ➋ ノーヴェグランデ(東急不動産、鹿島) ➌ 鹿島・梓設計JV ➍ 鹿島 ➎ ・ ➏ 22年7月 ➐ S造(制振構造)(新築棟)、SRC造(免震構造)(保存棟) ➑ 地下3階・地上17階 ➒ 6万7738m2
プロジェクトデータの見方はこちら>>