全1609文字
PR

デンマークでは、渋滞緩和や環境配慮などの面から、首都のコペンハーゲンに流入する自動車の交通量を減らす取り組みを進めている。近郊の街では、鉄道や道路をまたぐ、長さ225mのユニークな新駅舎が登場した。

 デンマークのコペンハーゲンから南西に約35km行った場所に、人口6万人余りのKøge(ケーエ)市がある。市の北部で2019年6月、新たな交通拠点としてKøge NORD STATION (ケーエ北駅)がオープンした。高速鉄道と首都圏近郊鉄道、高速道路をまたいで建つ、長さ225mの歩道橋と一体になった駅舎だ〔写真1~3〕。

〔写真1〕デンマークで完成したケーエ北駅。エレベーターやエスカレーター、階段で駅舎に上れる(写真:武藤 聖一)
〔写真1〕デンマークで完成したケーエ北駅。エレベーターやエスカレーター、階段で駅舎に上れる(写真:武藤 聖一)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真2〕駅舎からプラットホームに続く階段。左側が高速鉄道、右に高速道路が走っている(写真:武藤 聖一)
〔写真2〕駅舎からプラットホームに続く階段。左側が高速鉄道、右に高速道路が走っている(写真:武藤 聖一)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真3〕プラットホームに、コペンハーゲンへと向かう首都圏近郊鉄道のSトレインが入ってきた様子(写真:武藤 聖一)
〔写真3〕プラットホームに、コペンハーゲンへと向かう首都圏近郊鉄道のSトレインが入ってきた様子(写真:武藤 聖一)
[画像のクリックで拡大表示]

 駅舎のデザインは、コペンハーゲンに拠点を置く設計事務所COBE(コーベ)と、DISSING+WEITLING Architecture(ディシング・ウエイトリング・アーキテクチュア)が共同で手掛けた。

 ケーエ北駅は首都圏のハブ駅になることを目指してつくられた。

 同駅に接続する高速鉄道はコペンハーゲンと、リングステズという街を結ぶ新線だ。もう1つ接続するのが、Sトレイン(デンマーク語でS-tog、エストー)と呼ばれる首都圏近郊鉄道。市民の通勤などに使われている。その他にも、同国内で最も交通量が多いといわれるケーエ湾岸高速自動車道が、駅舎の下を走る。