全1631文字
PR

湾岸エリアにタワーマンション(タワマン)が立ち始めて、約20年が経過した。開けた眺望を手に入れるため利便性を犠牲にする人が多かったが、今後はニーズが変わる。

 HARUMI FLAGの住戸購入を検討している人が、同時に見て回る湾岸エリアの物件はどこか。五輪関連施設に近く、商業施設などと一体で開発が進む、江東区の「有明ガーデン」は互いが見える距離にあり、対抗馬になり得る〔写真1〕。東京が国際競争力を高めるため、「国家戦略特区」に認定された大規模開発である。

〔写真1〕タワマンからは複数の五輪施設が間近に見える
〔写真1〕タワマンからは複数の五輪施設が間近に見える
有明ガーデンに立つタワマンからの北向きの眺望。「有明アリーナ」「有明体操競技場」はほぼ正面。写真左奥にはHARUMI FLAG(選手村)も見える(写真:山田 愼二)
[画像のクリックで拡大表示]

 敷地面積は約10.8ヘクタールある。事業者は住友不動産だ。同社はHARUMI FLAGの売り主の1社でもある。

 有明ガーデンは街区の南東側に、地上32~33階建ての3棟のタワマンから成る住宅棟「シティタワーズ東京ベイ」を立て、合計1539戸を設けた〔写真2〕。現在の販売価格は5000万円から1億6000万円。専有面積は38.20m2から100.62m2。最多価格帯は6100万円台になる。

〔写真2〕3棟のタワマンの一部は20年2月に入居開始
〔写真2〕3棟のタワマンの一部は20年2月に入居開始
有明ガーデンの敷地で、ゆりかもめの有明駅に最も近い場所を、3棟のマンションが立つ集合住宅エリア「シティタワーズ東京ベイ」にした。写真は有明駅から北向きに撮影したもの
[画像のクリックで拡大表示]

 間取りの比率は、1LDKと2LDKと3LDKで1:4:5。1LDKが10%を占め、湾岸のタワマンでは多めだ。

 全住戸の約60%が契約済みで、20年2月末からは入居が始まった。広さに対する価格だけを見れば、HARUMI FLAGより高いが、有明ガーデンにはHARUMI FLAGにはない魅力がある。「商業施設が隣接」「駅近」「住人専用バス」「エンターテインメントの充実」などだ〔図1〕。

〔図1〕3棟のタワマンの他に、商業施設やシアター、ホテルなどを一体開発
〔図1〕3棟のタワマンの他に、商業施設やシアター、ホテルなどを一体開発
マンションの目の前にあり、イオンなど約200店が入る商業施設が20年4月に開業する。国際会議や音楽ライブを開催できるシアターや、ホテルなども6月までに順次オープンする。21年には劇団四季の専用劇場が完成し、ミュージカル「ライオンキング」を上演(資料:住友不動産、写真:長井 美暁)
[画像のクリックで拡大表示]