住宅の倒壊や宅地の崩壊など建築界に数々の課題を突き付けた熊本地震。防災拠点となるはずの宇土市庁舎が倒壊寸前となった姿は人々に衝撃を与えた。それから4年。免震構造を採用した庁舎再建に想定外の設計変更が生じた。熊本市の被災マンション解体や液状化対策も難題が行く手を阻む。被災地の苦悩をリポートするとともに、今後の大地震への対策を探る。

CONTENTS

熊本地震4年、復興に立ちはだかる難題

 日立AMS事業撤退で混乱

 調達先がない状況に陥る

被災地の苦悩 住宅復興を阻む「合意形成」

 マンション解体の険しい現実

 ようやく動き出した液状化防止策

復興が進む熊本の今

 地震惨禍から日常への道程

巨大地震に備える 被害をリアルに想定し対策急げ

 レジリエンス性能とBCP指標

 非構造部材の耐震診断指針

 エレベーターの閉じ込め対策

 大地震後も機能継続