設計や施工で、意思決定を促したり、手戻りをなくしたりするツールとしてBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)は既に定着した感も強い。最近では、設計から施工への一貫利用にこだわらず、3次元の形態情報や属性データをうまく活用する事例も生まれている。国土交通省からBIM活用ガイドラインが示されたのを機に、「BIMデータ活用2.0」ともいうべき今後の流れを学び直しておこう。

[画像のクリックで拡大表示]
(資料:安井建築設計事務所)
(資料:安井建築設計事務所)
[画像のクリックで拡大表示]
(資料:安井建築設計事務所)
(資料:安井建築設計事務所)
[画像のクリックで拡大表示]
(資料:左はアイスクウェアド、右は山下設計)
(資料:左はアイスクウェアド、右は山下設計)
[画像のクリックで拡大表示]
(資料:大林組)
(資料:大林組)
[画像のクリックで拡大表示]
(資料:竹中工務店、写真:河田 弘樹)
(資料:竹中工務店、写真:河田 弘樹)
[画像のクリックで拡大表示]
(写真:藤井 浩司、資料:戸田建設)
(写真:藤井 浩司、資料:戸田建設)
[画像のクリックで拡大表示]
(資料:左はAIS総合設計、右は石橋徳川建築設計所)
(資料:左はAIS総合設計、右は石橋徳川建築設計所)
[画像のクリックで拡大表示]