新型コロナウイルス感染症の拡大は、建築の仕事の現場に深刻な影響を与えた。しかし、テレワークの導入やITによる遠隔地間コミュニケーションの活用など前向きに推進する価値のある働き方に改めて目を向けさせるきっかけにもなった。衛生面の配慮や経営面のリスク対策など、常に怠ってはいけない取り組みも示唆した。今回のようなウイルスと向き合う姿勢は、今後は当たり前に求められるようになる。春以降の「非常時」に生まれた工夫の中に、これからの仕事術を探る。

(写真・資料:取材協力の設計事務所、今野梱包、エーゼン大塚建設、オンデザイン、日経アーキテクチュア)
(写真・資料:取材協力の設計事務所、今野梱包、エーゼン大塚建設、オンデザイン、日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
リモートを当たり前に
Zoom、Teams… クラウド図面共有 タブレット+入力ペン

 テレワーク快適環境の基本 
自宅をオフィスに負けない仕事場へ

 コミュニケーションを軽快に 
図面ワークの共有が在宅の未来を決める

 活用法広がる「ビデオ会議」 
説明会や見学会に、参加者増の効果も

 新入社員育成 
研修オンライン化、新卒対応で加速

衛生維持を当たり前に
「3密」対策 マスク着用
経営管理を当たり前に
建材供給ストップ 工事遅延・中断