全1064文字
PR

2枚の大判CLTを接合し、単独で高い剛性を持つV形の屋根を形成。両端を外壁で支えたV形の架構を6つ並べて無柱の大空間を実現した。構造的には、無限にV形屋根を並べていくことのできるCLT建築システムだ。

 西方に望む那須連山のように山形の屋根が連なる建物が2019年秋に完成した。栃木県那須町の「砂川印刷新社屋」だ〔写真1〕。CLTパネルだけで組み立てた木造平屋で、延べ面積は約300m2。全面ガラス張りの間口は約12mある。途中で壁の位置をずらしているが、同じ間口のまま奥行き29mにわたって無柱の内部空間が続く〔写真2〕。

〔写真1〕V形ユニットを6つ並べた屋根
〔写真1〕V形ユニットを6つ並べた屋根
2枚の大判CLTパネルを接合したV形のユニットを6つ連ねた屋根が架かる。各V形は剛性が高く、構造的に単独で成り立つため、それぞれの間にハイサイドライトを設けた(写真:鈴木 研一)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真2〕CLTの最大長いっぱいの大開口
〔写真2〕CLTの最大長いっぱいの大開口
県道に面した北側からの全景。屋根に架け渡したCLTの長さ12mいっぱいに開口部を設けている。V形の屋根と両側の外壁による門形の架構で独立した構造体になるため、途中で外壁位置をずらしている(写真:鈴木 研一)
[画像のクリックで拡大表示]
平面図
平面図
[画像のクリックで拡大表示]

 「国内で製造できる最大寸法のCLTを使い切る建築を考えた」。設計を手掛けたマウントフジアーキテクツスタジオ共同主宰の原田真宏氏はそう話す。幅3m、長さ12mのCLTを2枚使ったV形屋根を基本ユニットとし、6つのV形を並べて架けたのがこの建物だ。

 「ある程度、高さのあるV形にすると剛性の高い“梁”として大スパンを飛ばせる。それぞれのV形を連結する必要はないので、ハイサイドライトを設けた」と原田氏〔写真3〕。

〔写真3〕無限につなげていける間口12mの無柱空間
〔写真3〕無限につなげていける間口12mの無柱空間
事務所は間口11.7m、奥行き9.6mの無柱空間。トイレや倉庫などの部屋は在来工法による“入れ子”で設けた。構造的には、V形屋根は無限に並べていくことが可能(写真:鈴木 研一)
[画像のクリックで拡大表示]

 とはいえ、構造設計では工夫も必要だった。「谷部をしっかり接合すれば、単独の梁としての強度は出るが、V形に開いた両側が支持されないので、わずかに垂れようとする。それをどう抑えるかが難しいところだった」。構造設計を担当したKMC(東京都狛江市)代表の蒲池健氏はそう振り返る。

 対策として、屋根CLTの厚さを150mmにして面剛性を高めた。ハイサイドライトがなく、V形を連続させるならば厚さ90mmで成り立つという。また、間口が大開口となる北面の屋根には全体に補強垂木を打ち、さらに面剛性を高めた。