全1697文字
PR

緊急事態宣言下で、神奈川県が全国初の新型コロナ患者向け仮設医療施設を建設した。5期に分けた工事で、先に完成した棟から患者が入院。建設作業は、使用開始した棟と距離を取りながら進めた。

施設のポイント

(1)分棟配置で段階的に施工して作業員の安全を確保
(2)配管を屋外に設置し、病棟の使用開始後もメンテナンスしやすく

 湘南鎌倉総合病院(神奈川県鎌倉市)の隣で、新型コロナウイルス感染症の中等症患者を受け入れるための臨時医療施設を神奈川県が全国で初めて仮設で建てた〔写真1〕。

〔写真1〕180床を備えた病棟を約2カ月で完成
〔写真1〕180床を備えた病棟を約2カ月で完成
神奈川県が設置した「臨時の医療施設」。湘南鎌倉総合病院の本院側から見下ろす。手前3棟が管理棟、奥の5つが病棟。左側のB病棟を最初に建設した(写真:熊谷組)
[画像のクリックで拡大表示]
配置図 患者が過ごす病室や廊下を「レッドゾーン」、スタッフステーションを「グリーンゾーン」、その間にある前室を「イエローゾーン」で分ける。各棟を渡り廊下でつなぎ、医療スタッフは防護服を着たまま棟間を移動する
配置図 患者が過ごす病室や廊下を「レッドゾーン」、スタッフステーションを「グリーンゾーン」、その間にある前室を「イエローゾーン」で分ける。各棟を渡り廊下でつなぎ、医療スタッフは防護服を着たまま棟間を移動する
[画像のクリックで拡大表示]

 運営者は、同病院を運営する沖縄徳洲会。病棟は2020年5月18日から稼働している。7月28日時点で24人の陽性患者が入院しており、5棟の入院病棟のうち、2棟を使用中だ。

 敷地は武田薬品工業が所有するグラウンドで、同社が県に無償で貸し出した。病棟は平屋、管理棟は2階建てのプレハブでCT検査室などを備える。施設や医療機器の整備などの費用は約12億円だ。

 設計・施工者は、熊谷組だ。同社はもともと現在進行中の湘南鎌倉総合病院の増築工事で施工を担当している。資材や重機の調達などを効率化する狙いもあり、臨時医療施設の設置事業でも設計・施工者に選ばれた。

 県の要望は、6月末までに180床を確保することだった。また、県は精神疾患を持つ感染患者の受け入れ先として臨時医療施設の一部を、「精神科コロナ重点医療機関」に位置付けた。そのため、精神科病床は他の病床と異なる内装を検討しなければならなかった。

 「通常の設計では、使用までに1年ほどかかる。今回は少しでも早く感染患者を受け入れるために、1期工事を急ぐ必要があった」と、熊谷組湘南鎌倉諸改修工事の高強作業所長は話す。

 早期の患者受け入れと、作業動線の確保、作業員の感染予防を両立するため、施設は分棟とし、5期に分けて段階的に施工した〔図1〕。1日最大200人程度の作業員が現場に入り、4月22日の着工から約3週間で1棟目、約2.2カ月で全てを完成させた。

〔図1〕床と天井を同時施工で工期短縮
〔図1〕床と天井を同時施工で工期短縮
基礎工事と並行して設計し、トイレなど資材も先行して確保。1棟目の使用開始を急ぐため、工事を5期に分け、一部同時に進めて完成させた(資料:熊谷組の資料を基に日経アーキテクチュアが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 施工では、掘削をせず地面に直接コンクリートを打設して基礎工程を短縮。重機の通行用に敷いた鉄板を残して、そのまま歩道に使用できるようにした〔写真2〕。内装では、床工事や配管・配線工事を同時に進めた。

〔写真2〕工事と物資輸送を考慮した施設配置
〔写真2〕工事と物資輸送を考慮した施設配置
施設使用後は原状復帰を前提としているため、掘削は最低限にとどめて工期短縮を図った。7月27日撮影。右側がC病棟で患者の受け入れが始まっており、左側がD病棟で未使用(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
6月1日、5期の建て方開始時に撮影した(写真:熊谷組)
6月1日、5期の建て方開始時に撮影した(写真:熊谷組)
[画像のクリックで拡大表示]

 各棟は、リネンなどの運搬車や作業車が出入りできるように間隔を開けている。患者の受け入れが始まれば、医療スタッフ以外は建物内に入りにくくなるので、設備配管を屋外に出してメンテナンスしやすくした。