全2168文字
PR

暖かい家への改修は、フルリフォームでなければかなわないと諦めるのは早い。前真之・東京大学准教授はコストを最小限に抑えた「部分リフォーム」でも、実現可能だと話す。設計時の工夫についてみていこう。

(イラスト:ナカニシ ミエ)
(イラスト:ナカニシ ミエ)

 日本にストックされている住宅の多くは、断熱・気密がほとんど施されていないため、冬場が極端に寒い。かといって暖房を家中のあちこちでONにすると、今度は暖房費が心配になる。古い家では冬が来るたび、この寒さと暖房費の負担にただ耐え続けるしかないのだろうか。

 フルリフォームと違って家中をもれなく断熱できない部分リフォームにおいては、効果の大きい場所から強化することが肝心。中でも決定的に断熱・気密が弱い「窓」を最優先し、続いて「床」に手を付けるのが定石となる〔図1〕。

〔図1〕外皮性能・暖房設備・プランの改善で寒い家を暖かく
〔図1〕外皮性能・暖房設備・プランの改善で寒い家を暖かく
日本にストックされている既存住宅は、外皮の断熱・気密性能が極端に低いだけでなく、適切な暖房計画も行われていない。また、住戸内が廊下などで細かく仕切られたプランのため、住宅全体が暖まりにくい。確実に暖かい暮らしを実現するには、図の3つを改善する必要がある(資料:前 真之)
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに天井まで断熱できれば夏の日射熱の抑制にも効果が期待できる。壁まで断熱できれば最高だが、窓や床よりも手間とコストがかかるので、内外装や耐震改修などで壁を開ける工事があれば、「ついでに断熱」が現実的だろう。