全758文字
PR

 建設会社各社は、コロナ禍で宿泊施設や商業施設などの受注が厳しい状況に追い込まれるとみて、受注高の維持に向けた取り組みを進めている。日経アーキテクチュア調査で、新型コロナウイルスに関連した経営リスクへの対応策を尋ねたところ、三井住友建設は「官庁工事や災害対策、物流・医療など継続的な投資が見込まれる分野に注力する」と回答した。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料

  日経電子版セットだと日経クロステックが月々650円お得

詳しくは日経クロステック有料会員お申し込みのページで。


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料