全1204文字
PR

 誰でも快適に利用できる公共トイレを設置する。意欲的なプロジェクト「THE TOKYO TOILET(ザ トウキョウ トイレット)」に国内外から反響。推進する日本財団の笹川順平氏は、著名な建築家らに協力要請した。きれいなトイレの提供で、日本の「おもてなし」を体現する。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

「初割」実施中!日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料