全1289文字
PR

 「作業の半分はロボットと」というビジョンを掲げて生産性向上を図る鹿島。ビジョン発表から2年、ロボットの改良が着々と進む。他社や異業種との連携を深め、建設現場を工場に近づけようとしている。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料