全1613文字
PR

外壁の最上部に円弧を描く凝ったデザインを施した賃貸アパートで雨漏りが発生した。屋上のシート防水は、円弧状のパラペットに沿って押さえ金物で固定していた。この押さえ金物付近から雨水が浸入した。(日経アーキテクチュア)

築20年の賃貸アパートで、最上階の3階にある住戸で雨漏りが発生した。写真は出窓の上枠を見上げたところ。上枠付近から水滴が落ち、壁のクロスが剥がれている(写真:神清)
築20年の賃貸アパートで、最上階の3階にある住戸で雨漏りが発生した。写真は出窓の上枠を見上げたところ。上枠付近から水滴が落ち、壁のクロスが剥がれている(写真:神清)
[画像のクリックで拡大表示]

 「最上階(3階)の出窓から雨漏りしている」と、築20年の賃貸アパートのオーナーから相談を受けた。1年前に大規模な外壁塗装を実施したという。「雨漏り修理を塗装会社に相談したら、『築年数も経過しているので、大規模改修をしましょう。雨漏りも直りますよ』と提案された。しかし、改修後も雨漏りが続いており、困っている」とオーナーは言う。

 建物は鉄骨造で、外壁にALCパネル、道路側の面にタイル張りを用いていた〔写真1〕。屋根は陸屋根でシート防水である。オーナーは、塗装会社に雨漏り修理を依頼するつもりはないということで、当社に雨漏りの原因調査と修理を依頼した。

〔写真1〕壁飾りのある賃貸アパート
〔写真1〕壁飾りのある賃貸アパート
雨漏りがあった3階建て賃貸アパート。外壁は、ALCの上にタイル張り。道路側の外壁に壁飾りを取り付け、パラペット中央を円弧状にデザインしていた(写真:神清)
[画像のクリックで拡大表示]
雨漏りは最上階の出窓で発生した(写真:神清)
雨漏りは最上階の出窓で発生した(写真:神清)
[画像のクリックで拡大表示]