全1724文字
PR

20年にわたって雨漏りに悩まされていた鉄骨造3階建ての住宅を調査した。陸屋根のパラペットに設けた手すりの根元から雨水が浸入。手すりを留め付ける固定金具のビスを伝って壁の内部へ入り込み室内で雨漏りした。(日経アーキテクチュア)

雨漏りのトラブルに見舞われたのは、築20年の鉄骨造3階建ての住宅。新築当初から2階の天井で雨漏りが続いていた(写真:神清)
雨漏りのトラブルに見舞われたのは、築20年の鉄骨造3階建ての住宅。新築当初から2階の天井で雨漏りが続いていた(写真:神清)
[画像のクリックで拡大表示]

 築20年の鉄骨造3階建ての住宅で発生した雨漏りを取り上げる。

 外壁をALC板(軽量気泡コンクリート)で覆い、屋上を陸屋根とした住宅だ。屋上のパラペットに取り付けた手すりの根元から雨水が浸入。住まい手は、新築当初から2階の天井で発生する雨漏りに苦しめられてきた〔写真1〕。複数の専門工事会社に依頼し、屋上防水、ALC板の塗装、パラペットの笠木の修理などを実施したが、雨漏りは止まらなかった。

〔写真1〕新築時から20年にわたり雨漏りが続く
〔写真1〕新築時から20年にわたり雨漏りが続く
住宅の外壁にはALC板を採用し、屋上を陸屋根としていた。パラペットの天端に笠木をかぶせて、その上に手すりを立てていた(写真:神清)
[画像のクリックで拡大表示]