全1702文字

賃貸マンションの最上階で天井から雨漏りが発生した。原因は屋上に設置したシート防水の継ぎ目にできた隙間。既存シート防水の上に垂木や野地合板、鋼板屋根材を重ねるカバー工法で対応した。(日経アーキテクチュア)

築20年程度の鉄骨造3階建ての賃貸マンションで雨漏りがあった。最上階の軒天に黒い雨染みが見える。外壁や屋根にはALC板を用いている。傾斜屋根はシート防水で仕上げていた(写真:神清)
築20年程度の鉄骨造3階建ての賃貸マンションで雨漏りがあった。最上階の軒天に黒い雨染みが見える。外壁や屋根にはALC板を用いている。傾斜屋根はシート防水で仕上げていた(写真:神清)
[画像のクリックで拡大表示]

 「最上階の天井に雨漏りと思われる染みが発生している。直したいので、調査してほしい」。築20年程度の鉄骨造3階建て賃貸マンションのオーナーから、こんな依頼を受けた。現地に行くと、最上階の軒天だけに黒い雨染みが確認できた。

 3階に空き部屋があったので室内を調査したところ、天井材にたわみがあり変色していた。前日に雨が降っていたので、赤外線サーモグラフィーで撮影してみると、天井材が変色している付近に雨漏りと思われる温度低下を確認できた〔写真1〕。

〔写真1〕赤外線サーモグラフィーで漏水箇所を確認
(写真:神清)
(写真:神清)
[画像のクリックで拡大表示]
(写真:神清)
(写真:神清)
[画像のクリックで拡大表示]
最上階の住戸では天井材がたわみ変色していた。前日に雨が降っていたので、赤外線サーモグラフィーで撮影すると、温度の低い箇所が確認できた。ここに水がたまっていた

 その箇所の天井裏の状況を確認してほしいとの依頼を受けて、軒天材を一部取り外した。野縁の表面に雨染みはあったが、腐朽はしていなかった〔写真2〕。

〔写真2〕天井裏の野縁に雨染み
〔写真2〕天井裏の野縁に雨染み
軒天材の一部を撤去したところ、野縁の表面に雨染みが確認できた。腐朽はしていなかった(写真:神清)
[画像のクリックで拡大表示]