全1814文字

サイディングの幕板に隠れた継ぎ目から雨漏りした事例だ。継ぎ目は、補修の際にサイディングを取り外すため途中から切断したものだ。突き合わせで処理されており、通常の納まりではなかった。(日経アーキテクチュア)

調査依頼を受けたのは築15年の木造2階建て戸建て住宅だった。外壁は、窯業系サイディングで、1階と2階で異なる色に塗り分けたツートンカラーのデザインとしていた。色が変わる箇所に幕板があり、ここから雨水が浸入していた(写真:神清)
調査依頼を受けたのは築15年の木造2階建て戸建て住宅だった。外壁は、窯業系サイディングで、1階と2階で異なる色に塗り分けたツートンカラーのデザインとしていた。色が変わる箇所に幕板があり、ここから雨水が浸入していた(写真:神清)
[画像のクリックで拡大表示]

 住まい手から「1階の窓付近から1年に1~2回雨漏りが発生している。以前、雨漏りを修理したリフォーム会社が『外壁は修理したので、屋根が原因』と言っていたので、調査してほしい」と依頼があった。築15年、木造2階建ての戸建て住宅で、スレートぶきの屋根は軒の出が少ないタイプだ〔写真1〕。外壁は窯業系サイディングで、1階と2階の間に幕板があり、この位置で外壁の色が異なるツートンカラーのデザインとなっていた。

〔写真1〕軒の出が少ない
〔写真1〕軒の出が少ない
屋根はスレートぶきで軒の出が少ない形状だ。このため、外壁に雨が掛かりやすい状態になっていた。雨漏りは、隣家と近い南面の外壁にある1階開口部の上枠付近で発生した(写真:神清)
[画像のクリックで拡大表示]

 雨漏りは、隣家と近い南面の外壁で起こっており、1階窓にはシャッターボックスが付いていて、真上には2階窓があった。すでに塗装メンテナンスが行われており、サイディング目地に著しい劣化は見られなかった。