全1800文字
PR

窓回りのクロスに黒カビが発生していた事例を紹介する。結露の可能性も疑ったが、窓脇の入り隅部分に取り付けた細長いサイディングに問題があった。木胴縁をくぎ留めした箇所から雨水が浸入していた。

築5年の住宅で、2階の窓回りに黒カビが発生した。窓はアルミ樹脂複合サッシを使用している。暖房器具や換気の状況も確認した上で、結露ではないと判断。雨漏り調査を実施したところ、入り隅部の幅の狭いサイディングで、雨漏りを確認した(写真:神清)
築5年の住宅で、2階の窓回りに黒カビが発生した。窓はアルミ樹脂複合サッシを使用している。暖房器具や換気の状況も確認した上で、結露ではないと判断。雨漏り調査を実施したところ、入り隅部の幅の狭いサイディングで、雨漏りを確認した(写真:神清)
[画像のクリックで拡大表示]

 「2階サッシ脇のクロスに黒カビが発生している。雨漏りではないか。築5年だが、建てた工務店は倒産していて困っている」と、住まい手から相談があった〔写真1〕。

〔写真1〕黒カビが発生した窓は2階外壁の入り隅の近くにあった
〔写真1〕黒カビが発生した窓は2階外壁の入り隅の近くにあった
黒カビが発生したのは2階の部屋。外壁が入り隅になった箇所の近くに窓があり、細長くカットしたサイディングが張られていた(写真:神清)
[画像のクリックで拡大表示]

 現地を調査すると、南面にある窓脇のごく一部に黒カビが発生していた。築年数の古い住宅では、断熱性能が低いシングルガラスに結露が発生し、窓の回りに黒カビが発生することがある。しかし、この住宅は断熱性能が高いアルミ樹脂複合サッシだ。住まい手に暖房設備を確認してもエアコンのみで、湿気が発生するような設備は使用していない。24時間換気の給気口も「開」となっていた。結露が発生しやすい状況ではない。

 次に、雨漏り調査を行った。外壁サイディングは光触媒機能のある高耐久仕様となっていた。それに合わせてシーリングも高耐久仕様である。はしごから目視で確認した範囲では、サイディング目地や窓回りのシーリングに破断や剥離は見られなかった。散水調査は、サイディングの相じゃくりを中心に行った。しかし、漏水は確認できなかった。

 現地調査時に気になったのが、窓脇の入り隅部分に取り付けられていた細長くカットしたサイディングだ。細長いサイディングの上端と、窓上のサイディングとの隙間が狭くなっていた〔写真2〕。目視ではその部分のシーリングに破断や剥離があるかは分からなかったので、その部分に散水した。すると、室内で撮影した赤外線サーモグラフィー画像で漏水による温度低下を確認できた〔写真3、4〕。

〔写真2〕窓脇の入り隅部に張られた細長いサイディング
〔写真2〕窓脇の入り隅部に張られた細長いサイディング
細長いサイディングの上端は、隙間が狭かった。シーリング痕を確認すると幅・奥行きとも厚みが不足していた(写真:神清)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真3〕細長いサイディングの上端部に散水
〔写真3〕細長いサイディングの上端部に散水
散水調査を細長いサイディングの上端部分に実施。漏水を確認した(写真:神清)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真4〕サーモグラフィー調査で漏水を確認
〔写真4〕サーモグラフィー調査で漏水を確認
散水した箇所の室内側を赤外線サーモグラフイーカメラで撮影した。窓枠の上端部分に温度低下を確認。この箇所に漏水していた(写真:神清)
[画像のクリックで拡大表示]