全6905文字
PR
❶ 所在地 ❷ 発注者、事業者 ❸ 設計者 ❹ 施工者 ❺ 竣工時期 ❻ オープン時期 ❼ 主構造 ❽ 階数 ❾ 延べ面積 プロジェクトデータの見方の詳細≫

交流施設など

 21年  岐阜市新庁舎
隣接施設や広場と一体開発
文化活動や観光の拠点に

 市庁舎の建て替え。前面の広場や、隣接する「みんなの森 ぎふメディアコスモス」(図書館などの複合施設)との関係性を重視し、文化活動や観光の拠点として一体的に整備する。イベントに活用できるエントランスモールを1階に設ける他、広場側に市民交流スペースなどを配置。屋上緑化で金華山の植生を再現する。総工費は約220億円。

[画像のクリックで拡大表示]
❶ 岐阜市司町40-1 他 ❷ 岐阜市 ❸ 佐藤総合計画・司設計・Ai設計室JV ❹ 大日本土木・市川工務店・岐南興業・共栄土木建築JV ❺ 21年1月 ❻ 21年5月 ❼ S造(免震構造) ❽ 地上18階 ❾ 4万921.43m2
 21年  天下の道(籠田公園+中央緑道)
公園と緑道をリノベーション
都市再生に向け中心動線を形成

 岡崎市の都市再生戦略である「QURUWA(クルワ)PROJECT」の柱と位置づけ、公園と緑道のリノベーションを図る。河岸段丘の地形や既存樹木、地下駐車場の入り口、旧東海道などを生かしながら、改めて中心軸となる動線を形成。“歩きたくなるまち”復活の核となる新たな公共空間の創出を目指す。

 複数のスタジオやステージを設置。同時進行する既存建物のリノベーションや乙川河川敷を有効利用する試みなどと連動し、様々な活動の拠点をつくる。公共空間活用の社会実験、利用者や事業者として市民を育成するためのワークショップなども繰り返してきた。総工費は約32億円。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
❶ 愛知県岡崎市康生通り 他 ❷ 岡崎市 ❸ オンサイト計画設計事務所 ❹ 籠田公園 朝日工業・松尾建設JV、中央緑道・桜城橋 小原建設・朝日工業JV ❺ ❻ 21年3月 ❼ S造(スタジオ、ステージ、大階段テラス) ❽ 地上1階  ❾ 660.7m2
 21年  大磯港賑わい交流施設(OISO CONNECT)
漁協施設と一体整備する観光拠点

 大磯町が進める周遊型観光の中核施設。大磯港に面した立地で、漁協施設と一体的に整備する。国土交通省「みなとオアシス」の登録事業。町は、施設の設計と管理運営を合わせた提案選定を経て計画を進めてきた。海に抜ける視線を重視した建物構成とし、漁業従事者と利用者との交流を促す。総工費は約3億5000万円。

[画像のクリックで拡大表示]
❶ 神奈川県大磯町大磯1398-6 ❷ 大磯町 ❸ プランツアソシエイツ、香取建築デザイン事務所、小笠原設計 ❹ 匠建設 ❺ 21年1月 ❻ 21年3月 ❼ RC造 ❽ 地上2階 ❾ 1131.77m2
 21年  新宮市文化複合施設
四周に開いて「熊野」を意識

 最大約1000席の可変型ホール、滞在・観光型の図書館、地域文化の研究・学習・展示機能を備える。世界遺産「熊野」の文化に関連した地域資産が点在する立地条件を踏まえ、建物の4面全てを街に開いた。周囲の自然や歴史資産に基づく多様な軸線を織り込み、街との関係性を意識させる構成とした。総工費は約49億2000万円。

[画像のクリックで拡大表示]
❶ 和歌山県新宮市下本町2-2-1 ❷ 新宮市 ❸ 山下設計・金嶋一級建築設計事務所JV ❹ 村本建設・三和建設JV ❺ ─ ❻ 21年秋 ❼ RC造、一部S造 ❽ 地上5階 ❾ 6444.19m2