全614文字

 コンクリート打設工事の終盤で重要になるのが残り打設数量の算出だ。計測時は、短時間で正確に算出することが求められる。大林組はAR(拡張現実)技術を活用した残り打設数量計測アプリを開発した。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料

  日経電子版セットだと日経クロステックが月々650円お得

詳しくは日経クロステック有料会員お申し込みのページで。


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料