全541文字

 普段使いできる環境配慮型コンクリート。長谷工コーポレーションは、こんなコンセプトで「H-BAコンクリート」を開発した。CO2削減効果は、普通コンクリートと比べて8.2~18.5%程度と、これまで紹介してきた大手ゼネコンの環境配慮型コンクリートに比べて低い。あえて削減率は低く抑えて、マンションの構造体などに広く使えるコンクリートを目指した。発表は2021年1月だ。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料

  日経電子版セットだと日経クロステックが月々650円お得

詳しくは日経クロステック有料会員お申し込みのページで。


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料