全4533文字
PR

不動産主導の意図的なまちづくりから、空き家などを活⽤した偶発が連鎖するセレンディピティなまちづくりへ舵(かじ)を切れば、失敗の少ない持続可能なビジネスが可能になる──。そんな観点から、まちづくりの最新事例のビジネスモデルや⼈的ネットワークを読み解く。

 これまでのまちづくりでは、箱モノ重視で、完成した施設があまり使われない例も数多く見られた。その反省から、昨今は、行政や民間事業者が、施設運用まで見据えた開発を計画。まちの価値向上につなげる例もある。エリアマネジメントの発想だ。

 しかし、持続可能へのアプローチを試みながらも、失敗する例もあれば、一方で偶然が重なってうまくいっているように見える例もある。

 そこで、本連載では、その失敗や偶然の裏側にあるビジネスモデル、人的ネットワークに共通する構造を類型化しながら、具体例を通じて、これからのまちづくりにおける、ビジネスの可能性を探っていきたい。

昼は子ども、夜は大人が集う

 下の写真1は、東京都西東京市の西武柳沢駅の駅前商店街にある「ヤギサワベース」という施設だ。

〔写真1〕フリースペースを奥に配して入りやすく
〔写真1〕フリースペースを奥に配して入りやすく
ヤギサワベース内部全景。駄菓子が並ぶ什器を低くすることで、子どもでも施設全体を見渡せるようにしている。あえてフリースペースを奥に配置することで買い物だけでも入りやすい雰囲気にした(写真:佐藤 将之、馬場 義徳、安富 啓)
[画像のクリックで拡大表示]

 グラフィックデザインを手掛ける中村晋也氏が自身のオフィスと兼ねる形で、子どもたちの居場所づくりのために駄菓子屋を営む。子どもたちは駄菓子を買った後、奥のテーブルを囲んでゲームをしながら過ごす。

 夜には同じスペースに商店街の人たちが酒を持ち寄って駄菓子を食べながら集会をするなど、地元の日常の場として活用されている〔写真2〕。

〔写真2〕私鉄駅前の商店街の外れに位置する
〔写真2〕私鉄駅前の商店街の外れに位置する
ヤギサワベースのエントランス。低層ビルの1階で、駄菓子屋が営業する午後には子どもたちの自転車がずらりと並ぶ(写真:中村 晋也)
[画像のクリックで拡大表示]
東京郊外の私鉄駅前に続く商店街の外れに位置している(写真:佐藤 将之、馬場 義徳、安富 啓)
東京郊外の私鉄駅前に続く商店街の外れに位置している(写真:佐藤 将之、馬場 義徳、安富 啓)
[画像のクリックで拡大表示]
中村 晋也氏 NKグラフィコ、ヤギサワベース店主
中村 晋也氏 NKグラフィコ、ヤギサワベース店主
なかむら しんや:1974年東京生まれ。多摩美術大学卒業後、アニメ制作会社やテレビCM制作会社を経て、日本形色にてデザイン業務に従事。2002年にNKグラフィコを共同設立。16年ヤギサワベース開業(写真:佐藤 洋輔)

 中村氏は、「地縁もなく偶然引っ越したこの地で、偶然あった空き店舗で、仕事の合間に偶然始めた駄菓子屋がうまくいって、少しずつ拡張しただけだ」と言う。

 しかし、本件以外でも、小さいながらもまちとつながるビジネスを継続して行っている例を掘り下げていくと、このような偶然をつかみ取る能力=セレンディピティが高いことが共通点として見えてきた〔図1、2〕。

〔図1〕地元での偶発的な出会いなどに着目
〔図1〕地元での偶発的な出会いなどに着目
セレンディピティは偶発的な出会いとして捉えられることの多い言葉だが、日常から準備している人の元にチャンスが訪れるという見方もあり、単純に運だけでは語ることはできない(資料:佐藤 将之、馬場 義徳、安富 啓)
[画像のクリックで拡大表示]
〔図2〕子どもたちが思い思いの時間を過ごす
〔図2〕子どもたちが思い思いの時間を過ごす
店舗スペースを2分割し、エントランスに近いほうを売り場とした。商品が並ぶ背の低い什器によって、奥のフリースペースと仕切る。中村氏のオフィススペースは、その奥の壁の向こうにある(資料:佐藤 将之、馬場 義徳、安富 啓)
[画像のクリックで拡大表示]

 第1回は、建築設計者にも身近な例を通じて、セレンディピティがどうビジネスを生むのかを見ていこう。