全4578文字
PR

公共建築の設計・施工者の選定で活用が進むプロポーザル方式。大阪府岸和田市では、外部委員が選定プロセスに異議を唱え大量辞任した。議会も市の対応に反発、計画に「待った」をかけた。炎上は防げなかったのか。

 賛成3、反対20──。岸和田市議会は2021年3月4日、新庁舎の設計・施工者に選ばれた梓設計・隈研吾建築都市設計事務所・大成建設・矢野建設JV(共同企業体)との工事請負契約締結に関する議案を否決した〔写真1〕。デザインビルド(設計・施工一括発注)方式を採用した事業費約130億円のビッグプロジェクトはこの瞬間、暗礁に乗り上げた。

〔写真1〕老朽化が進む岸和田市の現庁舎
〔写真1〕老朽化が進む岸和田市の現庁舎
岸和田市庁舎の外観。市は老朽化や耐震性能の不足などを理由に現地建て替えを推進してきた(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 岸和田市が設計・施工者の選定に向けて動き始めたのは、1年ほど前のこと。20年4月、市は5人の外部委員に堤勇二副市長を加えた計6人による「岸和田市新庁舎設計及び施工事業者選定委員会」を設置した。