行政主導による旧来の「運動場」や「体育館」を脱し、多様な市民の交流拠点として運営を継続する。東京が五輪後のビジョンを描くより早く、地元の力を束ねた新たなスポーツ施設が各地に生まれつつある。民間が主導し、収益性のある多機能型とするとき。まちづくりの一環とするとき。どう建築が変わるのか。モデルづくりの役割も担ってきた既存施設や最新のプロジェクトを追跡し、地域改造の近未来像を探る。

(写真:ガンバ大阪、生田 将人、安川 千秋、吉田 誠、イクマサトシ、資料:神戸市、ジャパネットホールディングス、ファイターズスポーツ&エンターテイメント、愛知県、FC今治)
(写真:ガンバ大阪、生田 将人、安川 千秋、吉田 誠、イクマサトシ、資料:神戸市、ジャパネットホールディングス、ファイターズスポーツ&エンターテイメント、愛知県、FC今治)
[画像のクリックで拡大表示]