国立競技場を手掛けるなど、国内最大級の“メガアトリエ”に変貌した隈研吾建築都市設計事務所。設立30年を過ぎ、現在は海外オフィスを含めて300人以上が所属する。「組織設計事務所にはしない」というのが、創設時から変わらない隈研吾氏のポリシーだが、コロナ禍で働き方や事務所の将来を見直し、変革を迎えようとしている。アトリエの生命線である創造力を維持しつつ、大規模化にどう対応するか。日本建築界にとって未踏の道に、隈事務所は踏み出そうとしている。

1年に1度、所員が一堂に会するのが忘年会だ。写真は2018年末に撮影。忘年会はその年に入所した“新人”が一芸を披露する催しがあり、仕事とは別の顔をさらけ出し、打ち解け合う。20年はコロナ禍で集まることはできなかったが、オンラインで大勢が参加した(写真:隈研吾建築都市設計事務所)
1年に1度、所員が一堂に会するのが忘年会だ。写真は2018年末に撮影。忘年会はその年に入所した“新人”が一芸を披露する催しがあり、仕事とは別の顔をさらけ出し、打ち解け合う。20年はコロナ禍で集まることはできなかったが、オンラインで大勢が参加した(写真:隈研吾建築都市設計事務所)
[画像のクリックで拡大表示]