全1517文字
PR

「世界最高のユニバーサルデザインを目指す」。国立競技場の設計に当たり、日本スポーツ振興センターが業務要求水準書で掲げた目標だ。要求数以上の車椅子用トイレを設け、細部に利用者の声を反映させた。

 国立競技場のトイレ設計をはじめとするユニバーサルデザイン対応は、JVチームの梓設計(東京都大田区)が中心になって手掛けた。

 トイレで注目したいのは、車椅子利用者など様々な利用者を想定した「アクセシブルトイレ」。地下2階から地上5階まで全フロアに計93個設けている〔写真1〕。この設置数は、日本スポーツ振興センター(JSC)が設定した、車椅子席15席に1カ所以上という要求水準を、エリアごとに満たしている〔図1〕。さらに、国際パラリンピック委員会(IPC)が作成した「アクセシビリティガイド」(IPCガイド)に記されている、アクセシブルトイレの設置基準にも適合する。IPCガイドとは、IPCがパラリンピック大会開催地に求める建築環境基準だ。

〔写真1〕車椅子用観客席にはトイレをセットに

1階から5階までの各階に車椅子用の観客席とトイレがセットで設置されている。写真は1階のFゲート付近。屋外側から車椅子用トイレにアクセスできる(写真:日経クロストレンド)
1階から5階までの各階に車椅子用の観客席とトイレがセットで設置されている。写真は1階のFゲート付近。屋外側から車椅子用トイレにアクセスできる(写真:日経クロストレンド)
[画像のクリックで拡大表示]
5階の車椅子用トイレ(写真:日経クロストレンド)
5階の車椅子用トイレ(写真:日経クロストレンド)
[画像のクリックで拡大表示]
案内図(写真:日経クロストレンド)
案内図(写真:日経クロストレンド)
[画像のクリックで拡大表示]
〔図1〕要求水準を上回る設置数
〔図1〕要求水準を上回る設置数
日本スポーツ振興センターが業務要求水準書に記していたトイレと観客席の要望数と、それらの実際の設置数をまとめた(資料:日本スポーツ振興センターの資料を基に日経アーキテクチュアが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 設計で難題だったのは、利用者が集中する1階のトイレ配置だ。国立競技場では観客席数などを増やす都合で、1階でトイレに割り当てられる面積が限られていた。そのため、プロポーザルで選ばれた当初設計案では1階のトイレがアクセシブルトイレだけになり、一般用トイレを地下1階に設けていた。

 有識者らはこの配置について、「1階のトイレでも車椅子を使用しない足の不自由な高齢者などへの配慮が必要」などと見直しを要望。基本設計で一般用トイレの一部を1階に移す変更が行われた〔図2〕。

〔図2〕地下1階の一般用トイレの一部を1階に移動
〔図2〕地下1階の一般用トイレの一部を1階に移動
当初案では1階に一般用トイレを配置していなかったが、有識者と障害者団体の意見を踏まえ、地下1階の一般用トイレの一部を1階に移した(資料:大成建設・梓設計・隈研吾建築都市設計事務所JV作成/JSC提供)
[画像のクリックで拡大表示]

 もともと地下1階には、業務要求水準書の数値を上回る数の一般用トイレが設置されていた。ただ、1階に移動できる一般用トイレの割合は2~3割にとどまった。そのため、2019年12月に開催された国立競技場のオープニングイベントでは1階の一般用トイレに行列ができ、「数が足りない」といった声が上がった。

 地下1階に一般用トイレがあることは、誘導サインで大きく表示していた〔写真2〕。しかし、1階に一般用トイレ待ちの行列ができたことで、地下1階のトイレの存在が気付かれにくくなった可能性がある。

〔写真2〕サインで地下1階のトイレを案内
〔写真2〕サインで地下1階のトイレを案内
地下1階に一般用トイレがあることを示すサイン。1階の階段付近に大きく目立つよう表示した(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]