東日本大震災の復興需要や東京五輪関連の特需の追い風を受け、建築設計事務所は2010年代に我が世の春を謳歌(おうか)した。今回、日経アーキテクチュアは20年度決算(単体)の状況を調査するとともに、過去10年間で各社がどれだけ売り上げや所員数を増やしたか、上位25社の「伸び率」を割り出した。浮かび上がってきたのは、この10年間の「真の勝者」。他社をしのぐ急成長を見せた設計事務所の秘密を探る。

日経アーキテクチュアの2020年度決算調査に回答した建築設計事務所の設計・監理業務売上高トップ10。売上高の右横にあるカッコ内の数字は対前年度増減率(%)。調査概要と11位以下を含めたランキングは「設計事務所2020年度決算ランキング」参照(資料:日経アーキテクチュア)
日経アーキテクチュアの2020年度決算調査に回答した建築設計事務所の設計・監理業務売上高トップ10。売上高の右横にあるカッコ内の数字は対前年度増減率(%)。調査概要と11位以下を含めたランキングは「設計事務所2020年度決算ランキング」参照(資料:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
日経アーキテクチュア調査における2020年度の設計・監理業務売上高の上位25社を対象に、11年度に対する20年度の売上高の増減率を算出。上位10社を並べた。右側には算出に用いた両年度の売上高を併記した(資料:日経アーキテクチュア)
日経アーキテクチュア調査における2020年度の設計・監理業務売上高の上位25社を対象に、11年度に対する20年度の売上高の増減率を算出。上位10社を並べた。右側には算出に用いた両年度の売上高を併記した(資料:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]