全719文字

 建築検査学研究所(神奈川県大和市)の代表、大場喜和氏は、数十年にわたって建物調査に携わってきた。特に外壁タイルについては、赤外線やドローンの活用に取り組む先駆者だ。大場氏は、自身が考える打診検査の手法をまとめている。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料