校舎の老朽化などから、キャンパスを再編する動きが加速している。講義型の授業優先で整備してきた結果、授業がないときに学生の行き場がない、グループで学ぶスペースがないなど、問題が山積している。住民や企業との交流を通した地域貢献も大きな課題だ。アフターコロナも踏まえ、既存校舎を最大限に生かしながら全体を再構築する次の一手を探った。

(写真:妹島和世建築設計事務所、吉田 誠、南山大学、車田 保、大成建設、スタジオ オーク、ナカサアンドパートナーズ、八木佐千子・NASCA+partners、淺川 敏)
(写真:妹島和世建築設計事務所、吉田 誠、南山大学、車田 保、大成建設、スタジオ オーク、ナカサアンドパートナーズ、八木佐千子・NASCA+partners、淺川 敏)
[画像のクリックで拡大表示]