全2156文字
PR

民家が寄り集まったように建物を分節化し、周辺の町並みとの調和を図った木造の公民館。耐火構造が求められたホール空間では、鉄骨造との混構造を採用して、スギ製材による木造トラスを現しにした。

 2021年10月1日、広島県尾道市の土生(はぶ)公民館が本格的な運用に入った。延べ面積950m2余りの平屋の建物は、大中小3つのホールや、地域交流ルーム、調理実習室などの各室が異なる向きで配置された不整形の変則プランだ。構造は木造が主体だが、一部は鉄骨(S)造との混構造になっている〔写真1、2〕。

延べ 954.68m2
  • 耐火建築物(ホール棟)
  • その他建築物(一般棟)
〔写真1〕小さな屋根でスケールダウン
〔写真1〕小さな屋根でスケールダウン
周辺に広がる古い町並みとスケール感をそろえるように、いくつもの小さな屋根を架けた木造平屋の公民館。2021年9月5日の落成式を経て、同10月1日から本格的な運用が始まった(写真:足袋井 竜也)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真2〕外周に縁側のような居場所
〔写真2〕外周に縁側のような居場所
建物外周の随所に腰掛けられるテラスを設け、住民同士が気軽に声を掛け合える縁側のような空間をつくった。写真中央に見えるのは、大きく開口部を開放できる地域交流ルーム(写真:足袋井 竜也)
[画像のクリックで拡大表示]

 「周囲に広がる土生の町並みのように、小さな民家が寄り集まったような建物にした」。そう話すのは、設計を手掛けたシーラカンスアンドアソシエイツ(以下CAt、東京都渋谷区)パートナーの赤松佳珠子氏。同社は、18年に尾道市が実施した公募型プロポーザルで設計者に選ばれた。

 土生地区は、瀬戸内海に浮かぶ因島(いんのしま)の中心地として古くから栄え、昭和の高度経済成長期には造船業で活況を呈した。網の目のように巡る細い路地沿いに、小さな住宅や店舗がひしめく町並みが、往事のにぎわいを今に伝えている。

 そんな町なかにある土生公民館は、統廃合により、15年に廃校になった旧土生小学校の跡地に建てられた。すぐ近くにあった旧公民館が、築40年を超えて老朽化したため、場所を移して建設した〔写真3〕。

〔写真3〕造船で栄えた町の廃校跡
〔写真3〕造船で栄えた町の廃校跡
写真の中央下に見えるのが土生公民館。敷地は、2015年に廃校になった旧土生小学校の跡地。校舎は解体されたが、体育館は市民のスポーツ施設として利用されている。写真右上、本州と四国を結ぶしまなみ海道(西瀬戸自動車道)の生口橋が見える(写真:足袋井 竜也)
[画像のクリックで拡大表示]