全2011文字

 建物の断熱・気密性を高めるといった省エネの発想だけでは、カーボンニュートラルを達成するのは難しい。建築材料のリサイクルまで深く考えて、設計や建築づくりに臨む姿勢が求められている。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い