全1118文字

 環境負荷の低減に向けてサーキュラーエコノミー(循環型経済)が注目されている。書籍「サーキュラーデザイン」を執筆した津田和俊氏は「建築プロセスに人々を巻き込む仕組みが必要だ」と語る。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!