全1905文字
PR

建物の木造化・木質化が広がり、木のファサードも増えてきた。5月には無数の木製クロスで外装を覆った上智大学の新校舎が完成。設計・施工を手掛けた住友林業は、木材の経年劣化を防ぐ工夫を施した。

 中高層のオフィスビルが立ち並ぶ東京・四谷エリア。新宿通り沿いを歩いていると、ファサードに木製のクロス(十字架)を張り詰めたような外観の建物が現れた。上智学院(東京都千代田区)が建設した新校舎「上智大学四谷キャンパス15号館」だ〔写真1〕。

〔写真1〕SDGsの体現を目指した校舎
〔写真1〕SDGsの体現を目指した校舎
上智大学四谷キャンパス15号館の北側外観。同施設の1階は誰でも利用できるカフェ、2・3階は上智大学が実施する社会人プログラム用の校舎として利用する予定だ(写真:安川 千秋)
[画像のクリックで拡大表示]

 耐火木造の地上3階建てで、延べ面積は約478m2。5月に完成し、2022年秋に利用を開始する予定だ。とりわけ目を引く、北・東面の外装は上智大学が理念に掲げる「多様性」や「他者との交流」、「真理」、「伝統」が交差している様子を木製のクロスで表現している〔写真2〕。

〔写真2〕西面を壁面緑化
〔写真2〕西面を壁面緑化
上智大学新校舎は北・東面を木質化、西面と屋上を緑化している。都市の気温上昇の抑制や景観改善につなげることが目的だ。千代田区の建築物環境計画制度における「特別優良環境建築」に認定された(写真:安川 千秋)
[画像のクリックで拡大表示]
(写真:安川 千秋)
(写真:安川 千秋)
[画像のクリックで拡大表示]

 木をふんだんに使ったデザインについて、上智学院総務局広報グループの川端健太氏は、「SDGs(持続可能な開発目標)を体現する校舎として、利用する学生や地域住民に環境配慮への関心を持ってもらいたかった」と語る。

3階平面図
3階平面図
[画像のクリックで拡大表示]