全1218文字
PR

2020年に受験要件が変わり、在学中の1級建築士試験合格者が増えている。日経アーキテクチュア調査では、回答を寄せた設計事務所の約5割が、合格者を新卒採用の際に「優遇したい」と前向きに評価している。

 日経アーキテクチュア調査で売上高が20位以内にランクインした企業のうち、2022年4月入社実績と22年度の新卒採用計画を回答したのは16社。このうち半数が採用を増やす計画だと分かった〔図1〕。人材の質・量が競争力の源泉である設計事務所にとって、若手の確保は重要な課題の1つだ。

〔図1〕売上高上位企業の採用意欲は旺盛

売上高ランキング上位20社のうち、2022年4月新卒入社の人数を回答した16社。半数で22年度新卒採用計画が22年4月入社実績を上回った。「─」は無回答(資料:日経アーキテクチュア)
売上高ランキング上位20社のうち、2022年4月新卒入社の人数を回答した16社。半数で22年度新卒採用計画が22年4月入社実績を上回った。「─」は無回答(資料:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

三菱地所設計、梓設計、山下設計、佐藤総合計画の2022年4月新卒入社社員には、1級建築士試験の合格者が含まれる

 新卒採用で重視する点は、企業や時代によって変わる。1級建築士試験合格者の扱いは、最新テーマの1つといえるだろう。

 20年3月の改正建築士法施行で、それまで1級建築士試験の受験に必要だった実務経験が「免許登録要件」になった。そのため、大学などを卒業してすぐに受験できるようになり、施行前の19年には存在しなかった23歳以下の合格者が、21年には約290人まで増えた。学生・研究生の合格者も増えており、21年は前年比49%増の88人だった〔図2〕。

〔図2〕建築士法改正で受験者と合格者に変化

1級建築士試験の学科試験の受験者数と製図試験の合格者数の直近4年間の推移。受験要件の緩和で、受験者数が3万人を超えた(資料:国土交通省の資料を基に日経アーキテクチュアが作成)
1級建築士試験の学科試験の受験者数と製図試験の合格者数の直近4年間の推移。受験要件の緩和で、受験者数が3万人を超えた(資料:国土交通省の資料を基に日経アーキテクチュアが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

2019年は存在しなかった23歳以下の1級建築士試験合格者は、21年に約290人になった。学生・研究生の合格者も増えている

[画像のクリックで拡大表示]

 三菱地所設計では22年4月入社の新卒社員25人のうち2人が、佐藤総合計画では10人のうち1人が1級建築士試験の合格者だという。