全817文字
※数字はメーカーが定めたSDGsの目標を示す。❾産業と技術革新の基盤をつくろう、⓫住み続けられる街づくりを、⓬つくる責任つかう責任、⓭気候変動に具体的な対策を、⓮海の豊かさを守ろう
※数字はメーカーが定めたSDGsの目標を示す。❾産業と技術革新の基盤をつくろう、⓫住み続けられる街づくりを、⓬つくる責任つかう責任、⓭気候変動に具体的な対策を、⓮海の豊かさを守ろう

 LIXILは、これまで再資源化が困難とされてきた廃プラスチックと、建物の解体や改修現場から出る廃木材を融合した循環型素材「レビア」を開発したと、2022年10月18日に発表した〔写真1〕。

〔写真1〕廃プラと廃木材を微粉砕
〔写真1〕廃プラと廃木材を微粉砕
LIXILハウジングテクノロジー技術研究所の山崎弘之所長が手に持つのが新商品の「レビアペイブ」。30cm角のレビアペイブの製造に必要な廃プラスチックと廃木材の量を手前に並べて示した。右端は微粉砕化した原料(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
微粉砕化した原料を間近に見た様子(写真:日経アーキテクチュア)
微粉砕化した原料を間近に見た様子(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 複合プラスチックや海洋プラスチックなど、ほぼすべての種類の廃プラスチックを活用できる。

 23年1月には、レビアを使用した第1弾の製品として、舗装材「レビアペイブ」の販売を開始する。インターロッキングと同等の滑りにくさと、5倍以上の耐摩耗性を備える。製品価格は一般的な舗装材の約2倍となる。

 同社はもともと、廃プラスチックと廃木材を混ぜて押し出し成形でウッドデッキ材をつくる技術を持っている。だがこの技術で用いる廃プラスチックは、選別された良質な樹脂でつくるペレットに限られており、様々な種類の樹脂が混在する複合プラスチックには活用できなかった。樹脂の融点がばらばらなので、押し出し成形品としての品質確保が困難だったからだ。