2023年は大規模プロジェクトが次々と完成する。広範な緑に覆われた再開発や超高層オフィスビル、銀座一等地に立つ部分木造の高層ビル、日本初上陸のエンタメ施設……と特徴もさまざまだ。設計事務所や建設会社など計79社から得た独自調査の回答を基に、激変する都市のランドマークを追う。

(写真:吉田 誠、資料:うめきた2期開発事業者、日建設計、山路哲生建築設計事務所、竹中工務店、‘Wizarding World’ and all related names, characters and indicia are trademarks of and © Warner Bros. Entertainment Inc. – Wizarding World publishing rights © J.K. Rowling.)
(写真:吉田 誠、資料:うめきた2期開発事業者、日建設計、山路哲生建築設計事務所、竹中工務店、‘Wizarding World’ and all related names, characters and indicia are trademarks of and © Warner Bros. Entertainment Inc. – Wizarding World publishing rights © J.K. Rowling.)
[画像のクリックで拡大表示]
プロジェクトデータの見方

主要な設計事務所や建設会社、不動産会社など合計79社の協力を得て、2023年以降に完成する各地のプロジェクトや開発計画を調査した。概要データの白抜き数字は、 ❶所在地 ❷発注者、事業者 ❸設計者 ❹施工者 ❺竣工時期 ❻オープン時期 ❼主構造 ❽階数 ❾延べ面積を表示した。同じ内容が続く場合は白抜き数字を連続させた。プロジェクト名は仮称、略称を含む。「―」は未定、非公表、不明を示す。設計者と施工者は原則、建築のみを表示。プロジェクト冒頭の四角内の数字はおおむね竣工年。「年度」で回答、公表されている場合は、次年扱いとした。各用途内での並び順は、おおむね竣工予定順。特記の無い資料や写真は、公表資料の引用当該プロジェクトの設計者もしくは施工者、発注者の提供。記載情報やパース資料はいずれも予定であり、変更の可能性がある