全2195文字
PR

2023年は、新たなランドマークが立ち上がる、東京・虎ノ門と麻布台、そして新宿に注目だ。寒風肌を刺す冬空の下、竣工めがけて日々進む工事現場の様子を写真で紹介する。完成を今か今かと人々は待ちわびる。

 東京メトロ日比谷線神谷町駅の近くで、工事の音が鳴り響く。「麻布台ヒルズ」が建設真っ最中だ〔写真1〕。ひときわ目を引くのが、完成すれば日本一の高さとなる約330mのA街区のタワー。2022年4月に上棟している同タワーは、既に虎ノ門・麻布台エリアの新たなランドマークになりつつある。道行く人々が足を止め、記念写真を撮っている。

〔写真1〕うねる屋根が見え始めた低層棟
〔写真1〕うねる屋根が見え始めた低層棟
手前に見えるのが麻布台ヒルズC街区の低層棟。既にその独特な形状が見え始めている。低層棟は屋上を緑化する計画だ。住宅やオフィス、商業施設が入る(写真:吉田 誠)
[画像のクリックで拡大表示]

 これまで「虎ノ門・麻布台プロジェクト」と呼ばれていた麻布台ヒルズの名称は、22年12月14日に発表されたばかりだ。開発は約8.1ヘクタールの計画区域に及ぶ。そのうち低層棟の屋上や約6000m2の中央広場などを含めて、約2.4ヘクタールを緑化する。

 地下空間に、東京・お台場から「森ビル デジタルアート ミュージアム:チームラボボーダレス」が移転・開業する他、都市型レジデンスやホテル、インターナショナルスクールなどが入る。こうした居住を含めた街づくりを進め、“緑の都市”を丸ごとつくり出す計画だ。

 森ビルは居住者数を約3500人、年間の来街者数を2500万~3000万人と想定。約5800億円に上る総事業費をかけて、同社が30年以上取り組んできた一大プロジェクトが、エリアを一変させる。

23年 麻布台ヒルズ(虎ノ門・麻布台地区再開発)
高さ330m、日本一の超高層に
六本木ヒルズと虎ノ門ヒルズの間に位置する。左に写るのが、完成すれば日本一の高さとなるA街区のタワーで、その右隣にB-1・B-2街区のタワー2棟が並ぶ予定。3棟の超高層タワーの外観は米国のペリ・クラーク・アンド・パートナーズが、低層部とランドスケープは英国のトーマス・ヘザウィック氏がデザインした。東京メトロ日比谷線神谷町駅や東京メトロ南北線六本木一丁目駅と計画地をつなぐ連絡通路を整備し、歩行者ネットワークを確保する。右手前に写る超高層ビルは「アークヒルズ 仙谷山森タワー」(写真:吉田 誠)
六本木ヒルズと虎ノ門ヒルズの間に位置する。左に写るのが、完成すれば日本一の高さとなるA街区のタワーで、その右隣にB-1・B-2街区のタワー2棟が並ぶ予定。3棟の超高層タワーの外観は米国のペリ・クラーク・アンド・パートナーズが、低層部とランドスケープは英国のトーマス・ヘザウィック氏がデザインした。東京メトロ日比谷線神谷町駅や東京メトロ南北線六本木一丁目駅と計画地をつなぐ連絡通路を整備し、歩行者ネットワークを確保する。右手前に写る超高層ビルは「アークヒルズ 仙谷山森タワー」(写真:吉田 誠)
[画像のクリックで拡大表示]

❶東京都港区虎ノ門5、麻布台1他 ❷虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合 ❸森ビル、日本設計、清水建設(地下構造設計)(以上、A、B-2街区)、森ビル、日建設計、日建ハウジングシステム(以上、B-1街区)、森ビル、山下設計(以上、C-1、4街区)、森ビル、山下設計、大林組(構造・共同設計)(以上、C-2、3街区) ❹清水建設(A街区、B-2街区)、三井住友建設(B-1街区)、大林組(C-1~4街区) ❺23年 ❻― ❼S造、一部SRC造・RC造(A街区)、RC造、一部S造(B-1街区、C-4街区)、RC造、一部SRC造・S造(B-2街区)、S造、一部RC造(C-1~3街区) ❽地下5階・地上64階(A街区、B-1街区)、地下5階・地上54階(B-2街区)、地下2階・地上3階(C-1街区)、地下3階・地上8階(C-2街区)、地下1階・地上3階(C-3、4街区) ❾約86万1500m2(全体)

❶所在地 ❷発注者、事業者 ❸設計者 ❹施工者 ❺竣工時期 ❻オープン時期 ❼主構造 ❽階数 ❾延べ面積