全1821文字
PR

交通施設、公園

23年 まきのさんの道の駅・佐川
山に呼応した切妻と反り屋根
[画像のクリックで拡大表示]

 植物学者である牧野富太郎の出身地に建てる道の駅とおもちゃ美術館。牧野の名前にふさわしい、周囲の自然の魅力を最大限に引き出す施設とする。両施設を一体的に覆う屋根は、背景の山並みに呼応させて切妻屋根と反り屋根で構成。サスペンショントラスと張弦梁、世界初の木造カステン構造を組み合わせる。総工費約8億円。

❶高知県佐川町加茂2714他 ❷高知県佐川町 ❸STUDIO YY・若竹まちづくり研究所・ワークステーションJV ❹岸ノ上工務店 ❺23年3月 ❻23年春 ❼木造 ❽地上1階 ❾1785.65m2

23年 館山道の駅
木のトラスで変化に富む空間
[画像のクリックで拡大表示]

 観光農園を併設する道の駅を建設。消費者参加型の生産・加工体験ができる「食のまちづくり拠点施設」として機能させる。流通材のマツを用いたキャンチレバーのトラスの寸法を徐々に変化させながら、物販ゾーンからレストランゾーンまで異なる天井高を持つ空間を連続させる。総事業費6億600万円、総工費6億100万円。

❶千葉県館山市稲274他 ❷千葉県館山市 ❸NAP建築設計事務所 ❹東海建設 ❺23年12月 ❻24年2月 ❼木造 ❽地上1階 ❾835.84m2

23年 HIBIKINADA CAMP BASE
らせん状展望台から園内を一望
[画像のクリックで拡大表示]

 北九州市立響灘緑地グリーンパーク内に民設民営で整備するキャンプ場。防災、食育、SDGsをテーマとするイベントなどを積極的に実施する。敷地内にあるヒノキ林の間伐で生まれた丸太を構造に使う他、園内を一望できるらせん構造の展望台を設置。地元の企業・大学と連携したオフグリッドの環境配慮型コテージも計画中。

❶北九州市若松区竹並1058-6他 ❷響灘アーバンアウトドアパートナーズ(構成員:福岡放送、オリエンタルコンサルタンツ) ❸SUEP. ❹志道工務店 ❺23年3月 ❻23年3月 ❼木造 ❽地上2階 ❾127.75m2

❶所在地 ❷発注者、事業者 ❸設計者 ❹施工者 ❺竣工時期 ❻オープン時期 ❼主構造 ❽階数 ❾延べ面積