(背景:Getty Images)
(背景:Getty Images)

データやエビデンス(根拠)に基づいた介護サービスを提供する「科学的介護」が動き出した。現場の判断を支援し、質の高いケアを実践する目的で、センサーやAI(人工知能)が介護の現場に広がり始めている。2021年には「科学的介護情報システム(LIFE)」の運用が始まり、データ活用の機運は高まる一方だ。技術の導入が進む介護現場の現状と将来展望を探る。