全1727文字

邦銀最大手はシステムと業務を一体で見直す戦略を推進中だ。その一丁目一番地を勘定系システムと位置付ける。システム子会社には従来の業務の枠を超えた「領空侵犯」を求める。

越智 俊城(おち・としき)氏
越智 俊城(おち・としき)氏
1991年3月一橋大学商学部卒、同年4月三和銀行(現三菱UFJ銀行)入行。三菱UFJニコス常務執行役員などを経て、2022年4月より三菱UFJフィナンシャル・グループ執行役常務グループCIOと三菱UFJ銀行常務執行役員CIOを兼務。(写真:北山 宏一)
[画像のクリックで拡大表示]

 2021年から、グループCEO(最高経営責任者)の亀澤宏規社長が直轄するプロジェクトチームを中心に「アーキテクチャ戦略」を推進している。業務部門とシステム部門が一体になり、5~10年かけて、システムを抜本的に見直す計画だ。

 当社は2015年ごろに「クラウドファースト」を打ち出し、システムのクラウド移行を進めてきた。米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)のクラウドを中心に利用しており、米マイクロソフトのAzureや米IBMのIBM Cloudも一部で活用している。現状、三菱UFJ銀行は1000ほどのシステムを運用しており、足元で約350システムをクラウドに移した。