全3044文字

竹中工務店がデジタル変革の土台となる中核システムの運用を開始した。2022年度中に全業務をデジタル化するという意欲的な目標を掲げる。AI(人工知能)が施工管理に必要な人員を予測し、配置計画に役立てている。

東京都江東区の東京本店(写真提供:竹中工務店)
東京都江東区の東京本店(写真提供:竹中工務店)
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 竹中工務店は2021年11月、「建設デジタルプラットフォーム」の運用を始めた。同社はグループ成長戦略の中核に働き方・生産性改革を位置付け、これを支える「土台」として同プラットフォームを米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)のクラウド上に構築した。

 具体的には、営業や設計、見積もり、工務、施工管理、ファシリティマネジメント支援、人事、経理といった事業に関するあらゆるデータを統合管理し、BI(ビジネスインテリジェンス)で可視化したり、AI(人工知能)で予測したりする。竹中工務店のデジタル変革を推進するデジタル室でデジタル企画グループ長を務める金澤英紀氏は「(業務やシステムごとに)サイロ型でデータを管理していた部分も全社活用できるようにする」と力説する。

 竹中工務店は2022年度中に全業務のデジタル化を進める。さらに2024年末までに、200以上の既存の業務アプリケーションをオンプレミスからAWSに移行させる計画だ。これに伴い、ITインフラにかかるコストを25%以上削減できると試算する。

[画像のクリックで拡大表示]