全3765文字

2019年9月に新コンタクトセンターシステムを本格稼働させた。AI(人工知能)によって顧客1人ひとりの商品ニーズを予測。オペレーターが予測に基づき提案営業をして取引を増やしている。

[画像のクリックで拡大表示]

 横浜銀行は2019年9月末、新コンタクトセンターシステムを本格稼働させた。2018年5月に第1弾の稼働を始めた同システムに、AI(人工知能)によって顧客との電話の内容をテキスト化したうえで要約する「音声のテキスト化・要約機能」を追加した。当初予定していた全ての主要機能が利用可能になった。

(写真提供:横浜銀行)
(写真提供:横浜銀行)
[画像のクリックで拡大表示]