PR

 平成の終わりまで1カ月を切った。2019年4月1日に新元号が公表され、ユーザー企業や官公庁、ITベンダーの担当者にとっては、これからが5月1日の改元に向けたシステム対応の追い込みだ。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い