PR

 富士通が前年同期比1.6%増の2兆4310億円、NTTデータは5.5%伸ばし2兆714億円――。国内ITサービス大手13社の2018年度ITサービス売上高をまとめた結果だ。2位のNTTデータが1位の富士通に迫りつつある。

表 2018年度のITサービス売り上げランキング(連結決算)
前年度を4.5%上回った
表 2018年度のITサービス売り上げランキング(連結決算)
[画像のクリックで拡大表示]

 表に示していないが富士通は海外売上高の4.1%減収が響いた。英独子会社の不振とハードウエア製造拠点の閉鎖が連結決算の足を引っ張っている。富士通の事業分野別売上高(単独決算)を見ると、意外なことにパーソナルビジネス(主にPC)、サーバーやネットワーク機器などハードウエアがソフトウエアやサービスより成長している。パーソナルビジネスの国内比率が62%と同社にしては低いことから分かるように、海外製造を止め国内生産に切り替えた結果とみられる。富士通全体としてはサービスで成長していくしかないはずだが、頼みのクラウドがマイナス成長になるなど不安がある。

 表にまとめた13社は「システムインテグレーション(SI)」の売上高が1000億円以上の企業である。各社の連結決算開示資料を基に、独自取材や推計の結果も加味してまとめた。

 13社の2018年度ITサービス合計売上高は10兆5499億円で前年度を4.5%上回った。内訳を見ると「コンサルティング&SI」が2017年度を6.3%上回る5兆8945億円、ビジネス・プロセス・アウトソーシングを含めた「アウトソーシング」が同2.4%増の3兆7446億円だ。クラウドはアウトソーシングに含めた。表に記載していないが、製品の保守サービスを中心とした「サポートサービス&その他サービス」は同2.1%増の9108億円だった。

 国内と海外の伸び率を比べると国内は5.2%増、海外は2.0%増だった。13社の海外比率は21.3%にとどまり、依然としてグローバル化が課題だ。オーストラリアを拠点に動き出した野村総合研究所(NRI)は海外売上高を21.9%増と伸ばしている。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い