PR

 情報サービス産業協会(JISA)が協会所属企業の技術者に調査したところ、今後利用する計画がある要素技術のランキングで「データマイニング」が1位になった。2位は「クラウド型データウエアハウス」、3位は「クラウドデータ連携技術」。これら3技術の利用実績はまだ低いものの、認知度(当該技術に一定以上の知識を持つ技術者の割合)はそれなりにあり、今後利用が進むとみられる。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い