国内BPOサービス市場
年平均3.6%の成長続く

 IDC Japanは国内のビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)サービス市場予測を発表した。2017年は7346億円だった。2022年にかけて年平均3.6%増え、2022年に8769億円になると見込む。成長率は徐々に低下し、2022年には3%を割る。

 2017年は人事分野の成長率が高かった。福利厚生業務の外部委託の需要拡大のほか、マイナンバー関連のスポット業務の増加が寄与した。人事分野は今後も福利厚生業務をけん引役として堅調に推移する見通し。

[画像のクリックで拡大表示]

日本企業の4割以上が
ブロックチェーンを検討

 ガートナー ジャパンは日本企業のブロックチェーンへの取り組みの調査結果を発表した。42.6%の企業が何らかの形でブロックチェーンに取り組んでいると分かった。ただし、実証実験あるいは稼働中と回答した企業は11.8%にとどまり、検討会の実施、探索や研究の実施といった初期段階にある企業が多い。ガートナーはブロックチェーンに取り組む日本企業の割合が3年以内に60%に達すると予測する。従業員500人以上の企業を対象に調査を実施し、515社から回答を得た。

[画像のクリックで拡大表示]